10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
イベント出店・ネットショップ情報など
♡   ♡   ♡   ♡   ♡
オリジナルSHOP ♡手作り石鹸♥NUIIDOG♡
 現在お休み中です。
         

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ヒョウモントカゲモドキの脱皮風景

2015/01/17
ひかりちゃんの脱皮風景です。


ヤモリです。



苦手な方はこれ以上先を読まないように注意してください。



        



ヒョウモントカゲモドキは脱皮直前に薄皮に覆われて白い体つきになります。

なので、「あ、今日か明日には脱皮するな」とわかります。


本日は「パーカースタイル」での登場です。


sDSC_9716.jpg


頭だけ剥けた状態で外に出てきました。

sDSC_9715.jpg

湿度が低いと脱皮しにくい場合があるので、室内を少し濡らしています。


再びシェルターに戻り、出入り口に顔をこすりつけて、皮を外しています。

sDSC_9718.jpg


sDSC_9714.jpg

第一段階は顔からはずして、口で皮を咥えられるようにします。

壁やシェルターに顔をこすりつけてはずしていきます。

sDSC_9719.jpg


とにかく動き回って顔をなんとかします。


そして、皮が口で咥えられる程度にはずれたら、一気に引っ張っていきます。


sDSC_9723.jpg


ビリっと背中が破れていい感じにいきました。

sDSC_9726.jpg

上手です、ひかりちゃん(親バカ目線)


どんどん剥いています。

sDSC_9722.jpg


口でもぐもぐしているのは脱皮した皮です。

剥いた先から食べていくのでゴミが出ません。

sDSC_9730.jpg


時々放置してあることもあるけど。


sDSC_9729.jpg


ひかりはせっかちなので、バタバタしてぐいぐい脱いでいきます。

sDSC_9735.jpg


sDSC_9741.jpg


鮮やかボディーが見えてきました。


sDSC_9742.jpg



もう少しで終了か??



sDSC_9743.jpg


尻尾の先までキレイに引っ張れるのか??


sDSC_9746.jpg


sDSC_9748.jpg


ラストスパートで食べております!

sDSC_9751.jpg


ふ~うっ!

sDSC_9753.jpg



あれ?

あれあれあれ



お腹側と左後ろ脚が残っていたようです。


sDSC_9755.jpg


sDSC_9760.jpg


指一本からキレイに外れないと、のちのち問題が起こります。


sDSC_9757.jpg


さて、今度こそ、全部いけるかな?


sDSC_9759.jpg
sDSC_9761.jpg



透き通った手袋。見えますか?

sDSC_9762.jpg


sDSC_9763.jpg
sDSC_9764.jpg
sDSC_9765.jpg


終盤です。


sDSC_9767.jpg


尻尾までキレイにはずれました。

sDSC_9769.jpg


あとは残さず食べるのみ

sDSC_9770.jpg


むしゃむしゃむしゃ。


sDSC_9772.jpg


むしゃむしゃむしゃ。


むしゃむしゃ。


sDSC_9773.jpg




おしまい。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキング
応援クリック励みになってます。ありがとう~

スポンサーサイト
12:55 ヒョウモントカゲモドキ | コメント(1)

ひかりの水飲み風景

2015/01/09
どうでも良い内容ですみません。


ヒョウモントカゲモドキが水を飲んでいるだけのことです。笑


変わったことは何もありません。


sDSC_9667.jpg







でも、私にとってはかわいくてかわいくて



sDSC_9669.jpg


うちで去年の夏に生まれた「ひかり」

もう半年ほど経ちましたが元気にやっています。


sDSC_9673.jpg



生まれて間もない時は、こんな感じでした。↓

sDSC_6127.jpg


いまは体つきもぼってりとしてきて、お父さんに似てきました。
顔つきと首元は父親そっくりですが、胴体や尻尾は母親似です。

わけのわからん話しですね。笑

ま、飼い主的にはそう思うわけです。


sDSC_9675.jpg

ちょっと不器用でエサ取りが下手なので、私がピンセットで
与えることが多いです。(ちなみにエサはコオロギです)

私のそういった姿を見ているおと(旦那さん)は、

「うちで生まれたからって甘やかしてるよね」と笑ってくるのです。

そんなことは絶対になく、みんなかわいいし、同じだけ好きですが、

言われてみると、そうなのか?とちょっと自信がなくなります。

かわいいから、そのへんはなんでもいいんですけどね。笑

sDSC_9676.jpg


微かに幼体の模様が残っていますが、柄はもうこのあたりで決まりかと思います。
写真の色がぼやけているのは、夜間に撮っているから。夜行性なので夜に動きだします。
頭と尻尾にヒョウ柄が入り、胴体はパターンレス。お父さんがアプターだからですかね。

柄に関して細かいこだわりがないので、というか・・
新種が多すぎてついていけない!のですが、
生き物というのは動物にしろ植物にしろ、大変興味深いことだらけで、眺めていると
あっというまに時間が経ってしまいます。


 「おかあさん、ひかりはそんなに大きくなったでつか?」

sDSC_9680.jpg


大きくなったわよ~。




今日も一日元気にがんばろー!
応援クリック励みになってますサンキューで~す
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
12:32 ヒョウモントカゲモドキ | コメント(0)

東レプ♪爬虫類のイベントへ行った!

2014/12/07
忙しさにかまけてこのまま来年を迎えてしまいそうなので、今日ははりきって

ブログを書くことにしました。

久しぶりにブログ~。
なんだか忙しくて、あっというまの10日ほど?が経っていました。
書きたい記事はやまほどありますが、とりあえず今日は旬のネタを・・




苦手な方が間違ってお読みにならないように、タイトルにガッツリ入れました。



「爬虫類」と。



今日はそれ一本のネタなので多肉や、ガーデンでおこしの方、

ゴメンナサイナ


あ、でもちょっとだけ多肉ネタが出てきます。(中盤あたりに)



ではではスタート。



週末は久しぶりに遊びでお出かけをしていました。


ビルがそびえ立つ池袋。


目的地はといいますと・・・


s001.jpg

「東京レプタイルズワールド2014冬」に行ってきました。

この手のイベントでは一番大きいのかな?


このブログを見てくれている人はガーデニング関係の方だと思うので簡単に
説明しますと、東京レプタイルズ、略して東レプといいます。
東レプは、爬虫類を中心としてエキゾチックアニマルの展示や販売をしています。

s003.jpg


会場は池袋サンシャイン。

水族館とかあるところですね!

そこの4階が会場でした。

入ってすぐに、みんなが知っている(!?)月夜野ファームさん。
それだけでテンションが上がりました。笑

s006.jpg

爬虫類のエサになる昆虫などを売っているお店です。

ずいぶん昔からありますので、ここは爬虫類を飼っている人で知らない人は
いないかもしれない・・と思うようなお店です。

s008.jpg

お土産に、↑この広告のイエコを買いました。

会場はかなり賑わっていて、オープンして2時間くらい経ってから入場しましたが、
まだまだ人があふれていました。

s009.jpg


不景気不景気といっても、集まるところには人は集まるもので・・

見て回るのがけっこう大変でした。

生き物なので、撮影禁止のところも多く、写真は少しだけです。


あ、、、

いま書いていて思いましたが、もしかしたら法律が変わったから大盛況
だったのかも!?そんなことないか?

なぜなら、たしか去年か今年あたりから、爬虫類のネット販売が禁止になったんです。
対面販売でないと買えなくなったと記憶しています。
だからこんな日は、いろんなショップのた~っくさんの爬虫類を一度に見られるという
特別な日かもしれません。私も、こんなにたくさんの種類を見て回ったのは
はじめてだと思います。前に行ったことのあるイベントより、大規模でした。


s011.jpg


猛禽類、カッコイイ

うちも1ヘクタールくらい土地があれば飼ってみたいものです。
s023.jpg


写真は鳥ばかり撮りましたが、会場はトカゲとヤモリが大半だったと思います。


s014.jpg


片足で器用に寝ています。

s016.jpg

フクロウ、本当に可愛すぎ 鳥の中でダントツに好きです。


以外だったのは、リクガメが少なかったです。カメ全体でいったら水ガメの方が
多かったと思います。なんでだろ?大きいから?流行りすたり?



神の講演もありました。

s025.jpg


s026.jpg



なんじゃこりゃーもいました。

矢印のが生き物です。

s012.jpg



こちらにはかわいこちゃんが。

s027.jpg
手の動きが、すっごいかわいいんですよ


私はファミリーを迎えるにあたって、何周もしながらヒョウモントカゲモドキを見て
回っていたので、ヤモリ、トカゲは写真を撮る余裕がなく、写真はなしです。



え?

いまなんと?笑



そう、ファミリーを迎えました。


新しい家族で~す


まだ名前は決めていません。仮名きりんちゃん。


写真は後ほど。



閉場の少し前まで探し、最後の最後にビビッとくる子を見つけることができて、
会場をあとにしました。



手作り市のイベントでしょっちゅう来ていた池袋でしたが、イベント疲れで一度も
寄り道せずに帰っていたので、今回は寄り道を


池袋、多肉といえば、きっとここかなと。

西武の上にある、例のお店に寄ってきました。

綺麗な苗がずらり。さすがです。

s030.jpg


ほしい~~~と思ったのが4000円だったのでひとまず保留にしました。

次のイベント出店で多く儲けが出たら買おうと思います。笑

s029.jpg



ではでは新しい仲間をご紹介。


仮名きりんちゃんです。


s051.jpg


とりあえず、もったいぶってみました。笑

いま、ひかりのケージの後ろに入っています。

とりあえず落ち着くまでは、奥の暖かくせまくて暗い場所に。(特等席です)



さぁ、今度こそ登場です。





s052.jpg


暗い場所なのでなんだかわかりにくいですが、エメリンジャングルベルアルビノです。

ちなみにUSA CBです。私がはじめてヒョウモントカゲモドキを知った20年前では
考えられないほどの姿。いまは世界中にたくさんのブリーダーがいるので、名前も多く
いちいち調べないとまったくわからないぞ!というほどの種類の多さです。

そこは多肉植物と似ていますね。

まったく関係ないけども。笑


ひかりと大きさを比較してみました。

s055.jpg
左がひかり、右がきりんちゃん(仮名)です。

安心して育てたかったので、ベビーより少し大きめの元気そうな子を探していました。

ジャングル(不規則な模様のこと)、今後の変化が楽しみです。

s058.jpg

顔がだいぶキツめですが、おっとりしたかわいい子です。

s060.jpg


元気に大きくなってくれ~

s061.jpg


おしまい。

23:05 ヒョウモントカゲモドキ | コメント(2)

ビーとぷぅの復活

2014/10/16
今日は我が家のヒョウモントカゲモドキ、ビーとぷぅのお話です。

病気になって本当にギリッギリのところまでいってしまい、山あり谷ありな
3ヶ月でした。でもなんとか乗り越えることができました。

激痩せで、動くのがやっとだった二匹が、大きな体へ戻ることができたのです


sDSC_8038.jpg

クリプトは恐ろしい病気ですが、ともに生きていくこともできるのかもしれません。

いま始まったばかりの生活になりますが、健康な体を作りながら、基礎体力を
上げていき、免疫のある立派なカラダづくりをしていきたいと思います。

まるで、人のカラダの話のようですが、あ・く・ま・で、

ヒョウモントカゲモドキの話です。笑

sDSC_8040.jpg

ビーも普通の体つきに戻り、食欲もあります。

季節の変わり目で乾燥したせいか、先日一度目が開かなくなってしまい
焦りましたが、ウェットシェルター二つに満タンの水を入れたら翌日には
治っていました。よかった~。

sDSC_8041.jpg


二匹の薬の投与も終わり、排便も落ち着いてきたので、育った環境へ戻すことにしました。

しばらくは様子見になりますが、私のデスクの隣なので、いつでも見られて安心。



sDSC_8039.jpg


ぷぅに関しては、いままで生きてきた中で一番太ったかもしれません。

臆病だった性格もどこかへ行ってしまい、私が手を伸ばしても見上げて
待っているような感じさえします。

sDSC_8044.jpg


毎日薬をあげていたので、いいコミュニケーションだったのかもしれません。

ま、

そんなこた~ない と思いますが。笑


sDSC_8042.jpg

顔色もすこぶるいいと言えそうです。




いよいよ、もとのおうちへ帰ります。


sDSC_8045.jpg



ケージに入れると、


二人で一周歩いていました。


sDSC_8048.jpg


ビーはいつまでも落ち着かないようで、10分くらいうろちょろしていました。


sDSC_8046.jpg


ぷぅは根性が座っているのか、いきなり目の前にいたコオロギを食べていました。笑

いくらなんでも気楽すぎる。笑


もぐもぐしているところです
sDSC_8050.jpg


おうちは、3つあります。あぷも入っているので。

さぁ、再び普通に生活できるか、しばらくは見守ります。



何事もなく、無事に馴染んでくれるといいな~。


sDSC_8053.jpg



おしまい。




多肉記事ではないけれど、、、
応援クリックもらえるとヾ(*´∀`*)ノウレシイです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
16:16 ヒョウモントカゲモドキ | コメント(0)

ビーとぷうとひかり(レオパ)

2014/09/26
昨日はヒョウモントカゲモドキの病後経過を見せに病院へ行ってきました。

御茶ノ水にある「レプタイル クリニック」 です。

人気の病院なので、予約はだいたい4,5日は先になります。完全予約制。
私は薬を逆算して予約をとりました。

びーとぷうは、だいぶ順調に回復してきているように思いますが、先生はどう診るの
かな~と少しだけ心配していました。


でもやっぱり!

順調に回復しているとのこと。よくここまでふっくらしてきたと言ってもらえました。

いえいえ、完全に先生の処方のおかげでやんすよと心で思っていました。


で、いままでの他病院での治療法や私が調べたネット情報や、爬虫類の病気について
少しお話を聞かせてもらいました。


sDSC_7473.jpg


まず、激やせしていった時に、とりあえず太らせるとか無理やりに食べさせるとかは
ナンセンスだと思うと言われました。通常の拒食以外で、食べれない、下痢、嘔吐があるのに
無理に食べさせるのは意味があるとは思えないと。なにかしらの原因があるからそうなって
いるのに、太らせてからでないと薬を飲めないとか、そういう発想がすでに間違っていると
おっしゃられていました。
痩せきって、胃や腸がやられているのに、そこに流動食でも通常餌でも与えて
太るわけがない。人間に置き換えればわかることなんじゃないかな、と先生。
自分の子供の胃がすごく荒れていて悪い時に、痩せているからって無理にたくさん食べさせる
親はいないと思うし、腸がおかしいのに、治療は食べて太ってからにしましょうなんてことをいう
先生はいないよね?。まあ、もちろん状況や診察にもよると思うけど。。とのこと。

sDSC_7475.jpg


おかしいなと思った時は、一度自分に起きたことだと考えてみると、それはどうなのか
と気づくことがあるとおっしゃっていました。とにかく基本に帰ってみるべきだと。

「クリプト(寄生虫)も完治はしないけど、死ぬと決め付ける病気ではないし、きちんと
診察をできて、薬を適量与えれば、長生きするほどに復活できる子もたくさんいる。

この子達みたいに、ふっくらして帰ってきてくれる子もいるしね。
僕の診察が全部正しいわけじゃないけど、飼い主さんがどこまで考えてくれるか、
どこまでその子を思って病院に連れていくかにかかっている」

とお話してくれました。

うちの二匹はガリやせで行ったので、薬にはクリプトの動きを抑制するものと、栄養剤を
混ぜたものを処方されていました。栄養剤は消化の良い動物性か雑食性のものと聞きました。


sDSC_7477.jpg


私が「あともう少し、早くここへ来ていればもう一匹いた子も・・・」と言いかけてやめて、

「いや、その子の分もこの2匹に長生きしてもらおうと思います!」と笑顔で言うと、
先生もうんうんとうなずきながら、「そう、そういうふうに考えてください」と言いました。

やはり、爬虫類を診られる病院も少ないから先生同士の情報も少ないとのことでした。

獣医さんでさえ、クリプトにかかったら死ぬと思っている先生もいるくらいだからね・・と。



これだけ進んだ人間の医療でさえどうにもならないことや、医療ミスや医療事故がおこる。
爬虫類はもっともっと下の層にいると思えば、病気が知れ渡っていないことや医療ができない
ことなど、当たり前のことだよな~と、わかってはいたけど、再びそれを痛感しました。


うちの子はせっかく先生に出会えて、救われて生き延びることができたので、この命は
ずっと大切にしていかないと!と思いました。

sDSC_7485.jpg



そして、クリプトにかかった子の今後の生活としては、このまま太って完治ではないけど、
免疫がついてその後に元気に生活していける子も多いらしい。
でも、例えば水槽のレイアウト変更や引越しなどで体に負担がかかり、再び免疫が落ちた時に
同じ症状が出ちゃうこもいるとのこと。
でもそんな時は、また少しづつ薬を使いながら菌が暴れるのを抑えて、体調を整えて
健康に戻していくということで乗り切るとのことでした。

sDSC_7481.jpg


これからも上手に付き合ってがんばって育ててくださいねと教えてくれました。


今回は、びーとぷうーの最後の10日分のお薬と、下痢気味のビー達の子供「ひかり」にも
念のため同じ種類の薬をもらって、投薬をすることになりました。

sDSC_7486.jpg


この二ヶ月半ほど、本当に悲しく辛い思いを何度もしてきましたが、

いまはそんなわけで、ひとまず安心できそうです


sDSC_7479.jpg



にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
↑応援クリック励みになります。1クリックもらえるとうれしいです♪


ただね・・・
昨晩、最後に思ったことは、クリプトのきっかけはあぷになるわけなのですが、
そうなると、あぷを購入したあのお店は大丈夫か?ということになる。
お店で生体は個別に飼育してあるので、あまり感染はないと思うけど、取引を
しているブリーダーの一人はクリプトキャリアの個体を売買したことになるんじゃ
ないか・・・・
大事な子だし、いまさらクレームなんてないけども、他のお客さんや、そのお店のことを
思えば、いつか言ってみた方が良いかなと思うので、今度行った時にでも話てみようと
思っています。

12:14 ヒョウモントカゲモドキ | コメント(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。