09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
イベント出店・ネットショップ情報など
♡   ♡   ♡   ♡   ♡
オリジナルSHOP ♡手作り石鹸♥NUIIDOG♡
 現在お休み中です。
         

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

初咲、クロッカスローズ

2013/02/05
庭の形が出来上がってきたら地植えしようと思っていたバラ。


sCIMG2535.jpg


土がカスカスになって売れ残っていたものを購入したので
持って帰ってきた日に、一旦鉢から出して、バラ用の土を足して
もとに戻しておきました。

すると、室内の窓際に置いていたもんですから、グイグイと
伸びてきて、春のような感じになってしまいました。
こうなっちゃった場合、いつ、外に植え替えるのか疑問です。
次から次へと蕾も出てきており、う~ん、どうしよかな~。


sCIMG2537.jpg


なんて、のんきに迷っているうちに初咲きしていました

なんともかわいらしいクリーム色の花が咲きました。
花びらがびっちりつまっていて、ボリューム感のある花です。
ただ、花は小さいです。でもアイスバークの時も、
マッカートニーローズの時も、初めての花は小さかった。
だからきっと、半年後に咲く時はもっと大きくなっている
んじゃないかと思う。

外に植えて、大きくなるのが楽しみです。
すっごい迫力のある花になりそう


このバラは、David Austinという名入りの鉢に入って
売っていたちょっと高級なバラでした。

他とも迷いましたが、育てやすく丈夫だと書いてあったので、
その説明を読んで、このバラに決定。

種類はクロッカスローズ。

よくわかりませんが、

「イングリッシュローズ」というくくりらしい。


そしてその、イングリッシュローズの生みの親である
英国の育種家デビット・オースティン氏による作出とのこと。
いろいろ調べてみたが、バラ初心者の私には専門用語が多すぎて
さっぱりわからない

いずれ、少しはわかるようになるでしょう

sCIMG2536.jpg

バラの後ろの方で、怪しく赤い光を放っているのは
ヒョウモントカゲモドキの水槽です。
昼夜兼用の保温球は赤いのです。

うちは湿度や温度管理の必要な動植物を和室で
飼育することにしています。
なんとなく、畳が匂い軽減にもなりそうだし、
湿度管理にもいいかな~と思って。

当初は、「まじ、和室いらないしっ

と思っていましたが、いまでは大事な部屋になっています。

スポンサーサイト
17:48 バラ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。