04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
イベント出店・ネットショップ情報など
♡   ♡   ♡   ♡   ♡
オリジナルSHOP ♡手作り石鹸♥NUIIDOG♡
 現在お休み中です。
         

久しぶりの透明石鹸作り

2013/09/13
最近は石鹸を作るのに気候の良い日が多かったので
いろいろと石鹸を仕込んでいました。

今回はデザイン石鹸にも力を入れてみようと思って

久しぶりに透明石鹸にもチャレンジ。

けっこう手間がかかるのでいつも作り終わったあとに「もう作るのやめよう」と
思うのですが、時間が経つとそのめんどうさも薄れるので再び作ってしまう。

「グリセリンソープ」

オイル、グリセリン、グラニュー糖、エタノールなどの材料で作る石鹸です。


    

さてさて、私的な透明石鹸の作り方でもアップしてみようと思います。


まず、苛性ソーダ水を作り冷ましておきます。

続いてすべてのオイルを計量してよく混ぜ、固形油脂も完全に溶け込むように、
湯煎にかけながら混ぜていきます。

オイルはそのまま60度になるまで湯煎で温めます。

sDSC_0166.jpg

オイルをあたためている間に、グリセリン、砂糖、精製水をまぜて完全に砂糖を
溶かします。直接鍋にかけたりするのがセオリーっぽいですが、私はレンジでやっています。

sDSC_0167.jpg


60度に下がったソーダ水と、湯煎にかけていたオイルが60度になったら、
その二つを混ぜ合わせます。

トレースが出たら、グリセリン・砂糖・精製水を溶かしたものを投入します。


グボグボグボッ・・

sDSC_0168.jpg

いろいろ分離していますが気にせずにひたすら混ぜます。

5分くらいよく混ぜたらラップをして30~40分寝かせます。

よく混ぜていれば、多少のダマは気にせずいっても大丈夫だと思います。

保温は夏なので、箱は使わずにキッチンでそのまま寝かせました。

お湯につかっているので極端な温度変化はありません。

本来は保温箱で温度を安定させますが室温が安定しているので
今回はキッチンのまま続行。

40分ほど待ってラップを取るとダマも大抵消えています。

sDSC_0169.jpg

再びよくまぜてから湯煎にかけて65度を目指します。

温度が整ったら、火を止めて(エタノール使うのでここ重要!)

エタノールを生地に投入します。

sDSC_0170.jpg
一気にシャバシャバになります。

かたまりもなく、全部がサラサラになるまで混ぜます。

再びラップをかけて、保温をしながら今度は2時間半寝かせます。

その間、2回ほど中身をチェックして分離していたら混ぜます。

アルコールが飛ばないように作業はパパッとやって、すぐにラップを
しっかりかけなおします。


時間が来たら、固める容器に移して粗熱を取ります。

sDSC_0171.jpg
今回は、飾りように透明石鹸だけのものと、上記のようにあらかじめ作っておいた
石鹸の上に流し込むタイプと二つを作りました。

そのまま冷蔵庫へIN

あ、そうそう。

白っぽい透明ではなく、茶色い透明なのは、材料にグラニュー糖ではなく
上白糖を使っているからだと思われます。

(後日追記:砂糖だからではなく、工程中の保温が足りなかったかもしれない)

1時間ほど冷やすと固まりますので、石鹸を型から出して翌日にでもカットして
1~2ヶ月(ここはお好み。)乾燥させれば出来上がり。

sDSC_0180.jpg

使えるようになるのは10月の末くらいかな~。

楽しみ~


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村◎応援クリックありがとう~♪


スポンサーサイト
11:26 手作り石けん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示