08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
イベント出店・ネットショップ情報など
♡   ♡   ♡   ♡   ♡
オリジナルSHOP ♡手作り石鹸♥NUIIDOG♡
 現在お休み中です。
         

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

主婦が5日で作る(予定の)リクガメケージ~塗装&底面組立て編~

2014/01/12

今日はカメに関する荷物が二つ到着。

一つは爬虫類用水入れ。一番大きいXLを購入。
新しいケージの中で使う予定です。
sDSC_2254.jpg



もう一つは柿渋。

sDSC_2256.jpg
本日はケージに塗装をします。その塗料になります。

何を隠そう私は塗装が大好き

この日を楽しみにしていました~

色のイメージとしては、アンティーク風?というかエイジング?というか

とにかく今のままでは檜風呂みたいな色なので、こなれた感じにしたいわけです。



柿渋は、防水・防虫・抗菌・防腐・消臭作用、ホルムアルデヒドの吸収にも
効果があると言われています。屋内の家具に使うには最強かなと思います。
今後のメンテ面がどうなるかわかりませんが、とりあえず一番に思いついた
柿渋でいくことにしました。何しろ、大切なカメ軍団が入るおうちなので、
できる限り天然素材を使いたいと思っています。


柿渋エキス、実は私にとっては馴染みの材料なんです。
柿渋はもともと石鹸作りで使っているので使い慣れた材料。
ただ今回ははじめて塗料として使うのでちょっとワクワクします

あまったものはもちろん、後日の石鹸作りに使います



さてさてスタート。

やすり掛けをしようと思っていましたがうっかり忘れてそのまま開始。

先日作った本体と、これから作る受け皿?と言うか底の部分の木材を塗装。

sDSC_2260.jpg

ムラが目立つと困るので、3倍くらいに薄めて使っています。

sDSC_2258.jpg

今日は下塗り、明日は本塗りの二度塗りで仕上げます。

sDSC_2259.jpg

思ったより色が付きました。

全体をまんべんなくぬって、1時間ほど乾かしました。



前回の続きで蓋の部分の最後の一枚を取り付けて上物はほぼ完成しました。

最後に窓をつける予定です。どうするかはまだ考え中。

sDSC_2261.jpg


続いて底の箱部分を作ります。

sDSC_2262.jpg

1×4で四角の枠を作って、最後に板を合わせました。

sDSC_2267.jpg

板は合板ですが、ホルムアルデヒド放散等級の最上位等級にあたる
F☆☆☆☆の構造用合板を使っています。

<JAS>F☆☆☆☆の等級表示は構造用合板のJAS(日本農林規格)規格に基づくものですが、
シックハウス対策として施行された改正建築基準法の下では、(使用)面積制限を受けない
製品として位置付けられており、住宅の構造部材として安心して使用いただける製品です。


とのことですので、これに決めました。

sDSC_2268.jpg


なんとなく出来上がり、いよいよ最終工程が見えてきました。


が、

上物と底面をはめこもうとしたら、数ミリ合わずに少しけずったり
2mm切ったりと、細かい作業がいくつか出てきました。

sDSC_2270.jpg


sDSC_2265.jpg

そんな調整をしながらも、だいたい出来上がりました。


向かって左の側面
sDSC_2273.jpg

向かって右側の側面(コンセント隙間あり)
sDSC_2272.jpg

背面
sDSC_2274.jpg


正面(設置場所にて)
sDSC_2275.jpg

右側に橋をつけて、水槽の行き来をできるようにする予定です。


今日はここまで。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村←応援クリック励みになります^^ありがとう~♪



☆買い足した材料

・柿渋 500ml  ¥1140
・ハケ 1本  ¥105
・1×4 6f 1本  ¥239   
・1×2 6f 1本  ¥269
・JAS合板 1枚  ¥1350

・ポリカプラダン ブラウン1820×910  1枚  ¥2360 
(底板の上につける防水受け皿用)
・ポリカプラダン用ジョイナー 透明 1820 2個 300×2 ¥600
・      〃        〃  910 1個    ¥150





スポンサーサイト
23:42 DIY | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。