09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
イベント出店・ネットショップ情報など
♡   ♡   ♡   ♡   ♡
オリジナルSHOP ♡手作り石鹸♥NUIIDOG♡
 現在お休み中です。
         

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

楽しい石鹸が作りたい♥

2014/07/09
今シーズンは、見た目にちょっと変わった石鹸を考案中。

先日作った石鹸はいい感じに乾燥をはじめています。

カロチンたっぷりのカロチーノにマンゴーバターを合わせています。
sDSC_6238.jpg


紫根抽出オイルにシアバターを
sDSC_6236.jpg



今日はアボカドオイルメインのリッチな石鹸を作りました。(写真撮り忘れた~

そのリッチな石鹸に乗せる予定のオレンジレース。

sDSC_6240.jpg



こちらは、シアバターにローズクレイ

sDSC_6241.jpg





そういえば先日から2年ものの石鹸を使っています。


sDSC_6243.jpg


長期熟成で酸化しているんじゃないかと思いきや、色もスポットもなく
綺麗に熟成しているクレイとゴートミルクの石鹸。

石鹸を作っている人は、長期熟成が好きな人も多いくらい。

私も使い心地を知りたくて、実は常に50コほどの長期熟成用をキープしています。

3年もの、2年ものなどがあります。

先日おとが、そのうちの一つを使いたいと言ってきました。

いろいろな好みがあるし、使い心地の善し悪しは人それぞれなので、
先入観を持ってもらわないために、詳しい評判は話さずに、我が家きっての
石鹸マイスター(笑)に使ってもらいました。

一応、「2年ものだから、匂いとか気になったら使うのやめてね!」とだけ付け加えました。

とくに、「感想はどう?」とか聞かなかったのですが、おとは自ら感想を述べてきました。

「泡立ちがけっこういいし、なんか泡が細かいよ!匂いもなくて調子いい。」

まるでソーパーのような感想。笑
もちろん、おとは作らないし手伝っているわけでもないし、材料を吟味している
こともありません。なので純粋な感想です。

我が家は肌弱男のおと(旦那さん)がメインで石鹸を使っているので、彼の意見は
けっこう参考にしています。というか、そこに合わせて作っている部分もある。
あと、半分は愛犬のために作っています。

ただ、今回思ったのは・・・

中年のおじさんが、泡の細かさにまで気づくかねえ。。。

さすが、全身石鹸洗いおじさん。

前に私が買った、高級石鹸で肌荒れしてから、そのメーカーのものを
使わないという徹底ぶり。

〇ッシュの石鹸はかわいいけど匂いがきついと言ってくる。

MARKS&WEBの石鹸は気に入っている様子。

まじ、美魔女か!!

でも、使う側の答えは、作り手よりもはるかに信憑性があると思う。
材料を調べまくって良いと思って作っている先入観がないので、石鹸を作らない
ユーザーの方が直接的な感想なのでとても参考になります。
実際、私の作っている石鹸は友達の感想がかなり影響しています。


正直、私にとって石鹸は洗うもの意外のなにものでもない。

しっかり洗えるが、皮脂を落としすぎず、だけど綺麗に泥汚れも落とす!

肌に優しいとか、いい匂いとか、リラクゼーションとか、そういう問題ではない。

体や衣類やわんこを洗うもの、それだけがすぐれていればよかった。


でもせっかくだから、もっと楽しくいろいろ洗いたいわけです。

なのでいつのまにか、かわいい石鹸づくりを目指していました。

でも、地球にやさしくね

もちろん、天然材料だけで作ります。

これからも、合成保存料、合成香料、合成着色料なしのナチュラルソープで。

そこに強いこだわりを持ち続けながら楽しい泡の時間を作りたいと思います。


sDSC_6242.jpg



ちなみに私はいま、自由が丘で買ったいい匂いの石鹸を使っています。
基本、オリーブオイルベースのナチュラルソープですが、香料と着色料を使っています。
sDSC_6246.jpg
SAVON。ここの石鹸は、本当に匂いがナチュラルでいい。



買うも楽し、作るも楽し、使って楽しの石鹸ライフ




にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

台風どうなっちゃうんだろ~ 

スポンサーサイト
17:40 手作り石けん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。