09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
イベント出店・ネットショップ情報など
♡   ♡   ♡   ♡   ♡
オリジナルSHOP ♡手作り石鹸♥NUIIDOG♡
 現在お休み中です。
         

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ヒョウモントカゲモドキ、飼育ケージで孵化!

2014/07/02
我が家にはもともと3匹のヒョウモントカゲモドキのメスがいました。

今年のお正月に、かわいい二匹を見つけて購入したので、全部で
5匹いたわけです。しかしそのうち一匹は病気で小さいうちに死んで
しまいました(ラプちゃん

悲しくて、ブログに書くこともできないまま今日まできました。
ヒョウモントカゲモドキは個人で飼育しだして数年しか経っていないので、
家ではじめて死ぬ姿を見たショックと悲しみで行き場のない気持ちでいました。
(18年ほど前にペットショップでの飼育経験はあります)

そして、ラプのことを心の奥底で引きずったまま今日まで生活していたのです。



二匹買ったうちの一匹は元気いっぱいに育ち、3ヶ月前にオスだとわかりました。

我が家にはじめてのオス。
大きくなったのでみんなとの共同生活をはじめたのですが、シーズン的な
ものもあり、繁殖行動が見られました。
ビー、プー、みみ、のそれぞれが抱卵し、たまごを4クラッチほど産みましたが
産みおとされた卵のほとんどが無精卵でした。

sDSC_5549.jpg


オスが若すぎたのと、おそらく、全員がはじめての経験だったからかと思われます。

しかし、その中の一つの卵だけが潰れずに腐らずに残りました。
少しづつ大きくなり、卵にもハリがあったのです。
繁殖目的の場合は、産み落とされた卵をすぐに別の容器に保管して
一定の湿度と温度を保って孵化させるらしいのですが、うちは自然まかせに
することにしました。本来ならありえない選択肢なのかもしれませんが、
4匹でケンカすることなく過ごしているし、今後も同じケージで飼育していく
予定なので(うまくいかなくなったら別にしますが)、産卵時の人工的な手助けは
あまりしないことにしました。

なので、抱卵や孵化に対していろいろ調べているときに、底面ヒーターの
保温は御法度とされていましたが、うちはそのままでいきました。
ビーたちが底面ヒーター上部、ウェットシェルター下に産んだからです。
それでも一応は、水苔や他の床材を使い、産卵箱的なものも別に置いていたのです。
しかし、みんながみんな、同じ場所をめがけて産み落としました。
sDSC_6122.jpg
(↑ケースバイケースを使っているので底板の下にヒーター用のポケットがあります)

それがけっこうすごいな~と思うのが、底面ヒーターとヒーターのない場所の間くらいに
うまいこと産むんです。全体がヒーターだったらきっと温度が高すぎるんじゃない
かなぁと思っていたのですが、だいたいヒーターの境目の適温だと思われる場所に
産んでいました。
偶然にしては出来すぎなので、きっと本能的にいい具合の湿度と温度があるところに
産んでいるのかな~と思います。

時々、そのへんに卵が転がったりもしていましたが。。。

そろそろみんな産卵が終わったらしく、お腹が大きくならずにいます。
10日ほど前に最後と思われる卵を見つけました。

生き残っている卵(のやつ)の横に産んであります。
ここはウェットシェルター内です。外して写真を撮っています。
sDSC_5899.jpg
(写真を撮るために土を払い、卵を見えるように出しましたが、いつもは9割方
床材(赤玉土)にうまっています)
最近では、この一つだけ残った卵が孵化しないので、やはりこれも無精卵
だったのかな?それにしても重いんだよな~と思っていました。
(よくないとは思いましたが、何度か持って触っています)


とりあえず、腐るか潰れるまでは置いておくことにしていました。

今日もシェルターをチェック。

sDSC_6072.jpg

こんにちは~

奥にある小さいシェルターの屋根になぜか二匹で入っている。

sDSC_6073.jpg

みみとアプ。


そして右の角には、ビー。

sDSC_6074.jpg
角に合わせて休んでいました。


ということはこのシェルターの中はプーだな。

sDSC_6076.jpg

やっぱしね


いやいやいやっ

プーだけじゃないじゃん!

sDSC_6077.jpg

半身出てるし


うわわわわっ

どーしよっ

あまりにビックリして、とりあえず、無事にでてくるまでシェルターを
もとに戻しておくことにしました。急にまぶしいだろうとも思ったし。

いま、見たけど、どうだったかな。

生きてたかな?

写真撮って、慌ててシェルターをもとに戻したので、動いているのか
確認をしなかった。見た時は完全にとまった状態でした。

30分ほどして、もしかしたらあれは疲れ果てて死んでいたのかも
しれないと思い、シェルターをもう一度開けてみました。


 


えいっ(シェルターを外すときの心の音)



sDSC_6079.jpg


おお~、出てるではないかい!


っていうか、6月20日の卵がむきだしちゃってるし。(たぶん無精卵のやつ)

sDSC_6081.jpg

やったー!よくがんばったぞ~

うれしさのあまり、思わず命名。

「ひかり」

ラプがお星様になってしまったことの悔しさと、その時の飼育経験を
無駄にしないようにしようと心底思いました。

ラプがいなくなって落ち込んでいて、みんなを見るたびにちょっと悲しい気持ちに
なってしまっていましたが、一筋の光が見えたように思えたのです。

勝手な人間の感覚ではありますが、光が見えた気がしたので、

ひかりです。

sDSC_6083.jpg


これからよろしく!


sDSC_6084.jpg


今日はワタワタしてしまい、予定がほとんど崩れました。笑

オーダーや注文が何も入っていない日でよかったです。

いや、それはよくないな。笑

でも、よかった。

無事に生まれてきてくれて。



爬虫類カテゴリではないですが、、、
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
ポチッとしてもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

さっそく移動して探検中の「ひかり」。
sDSC_6111.jpg
大きさが違いすぎて怖いですね。
明日いなかったらどうしよう
共食いはないとされていますが、十人十色だと思うので・・ 
(言葉の使い方が違うかしら

ベビーは湿度が大切らしいので、ひかりのために湿度の高い箇所を増やしました。

土と水を足す間、ひかりが興奮してパニクったらまずいので、アクリルケースに
移動させました。その時にはじめて触りましたが、けっこう落ち着いていたので、
根性がある子と思われます。笑

sDSC_6121.jpg


おしまい。
スポンサーサイト
17:17 ヒョウモントカゲモドキ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
すご〜い!!
こんにちは!
久しぶりに遊びに来たら、すごい!!
赤ちゃんかわいいねぇ!
自然のままで孵化したなんて、環境をうまく作ってあげてるんだねぇ!
それにしてもひかり、かわいい。眺めてるとにんまりしちゃうわ。
大人になるにつれて模様も変わって行くのかな?
パカッってして出てきた写真の大人の姿がモンスターズインクに出てきた子に似てて笑えた。
ペル母さんへ
やっほ~い♪ぺる母さん。
お久しぶりです。みなさんお元気でしょうか?

ひかり、かわいいでしょう~ヾ(*´∀`*)ノ
今日も生きていました!
いつも誰かに食べられていないか、ドキドキしてケージ内を探しています。

いつもといってもまだ二日しか経っていませんが。笑

環境は彼女達が作り上げた感じもあります。
保温しろよと言わんばかりに、卵を産んだあとに土を掘りまくって
上からしっかりかぶせていました。ひかりはこれから少しづつヒョウ柄に
なっていくんですよ。モンスターズインク!どのこだろう?
見たことあるんだけどな~。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。