04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
イベント出店・ネットショップ情報など
♡   ♡   ♡   ♡   ♡
オリジナルSHOP ♡手作り石鹸♥NUIIDOG♡
 現在お休み中です。
         
☆.。.:*・出店予定.。.:*・☆  
..... ..... .....
◆◇えにし市 2016年12月3日~4日 11時~16時◇◆ 
縁市(えにしいち)は横浜みなとみらいのグランモール公園で開かれるマルシェです。
出品される商品はすべて「つくる人の想いがこもった逸品」です。
。☆.。.:*・今回の縁市のテーマは「クリスマス」。☆.。.:*・
クリスマスを盛り上げるオーナメント、アクセサリーや小物など、ジャンルは様々♪ここでしか出会えない
沢山のクリスマスグッズが出品されます。フードも充実していますよ~♪(←私はいつもこれが楽しみ^0^)
・・・ちなみに会場は屋外です!久しぶりの外出店^^楽しみだけど、さむそー!でもがんばるぞー!
くわしくはコチラ⇒えにし市 桜木町

☆*・.
           ☆*・.
*☆ *・゚
   Merry Christmas


◆◇2016年12月10日 有楽町 出店予定◇◆

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

色あせた帽子を柿渋で染めてみた

2014/08/22
先日からずっと気になっていた、おと(旦那さん)の帽子。

今年の春に買ったばかりのリネンのハンチングでした。


濃紺の帽子だったのに、だんだん色が抜けており、6月の時点でとっても変な色に
退色していたのです。購入後わずか1ヶ月半の出来事でした。

オイッ  
ビー〇ス!!笑  (←購入SHOP)

ま、しょうがない。色落ちもお楽しみいただく、くらいの話だろうから。
それにしても、はずかしいくらい変な色に退色してったけどね。

なんというか、薄く、くすんで色褪せた青紫、みたいな色

そ~れ~な~の~にィ~~~

もとの写真を撮り忘れた。

柿渋染をやってみたかったので、ワクワクしてすぐに染めはじめてしまったのでした・・

ブロガーとしたことが



へんてこな色のハンチングをかぶっていた本人は、「少し色が変わってきちゃったな」という
感想でした。しょっちゅうかぶっているのであまり気にならなかったよう。
私は毎回その姿で出社していくのを見ていたので、とても気になっていました。

茶系で合わせた服装に、色褪せた青紫の帽子をかぶって出かける夫・・・

その翌日は、ブルーの濃淡で合わせた服装に、色褪せた青紫の帽子をかぶって出かける夫。

う~ん・・・

いろいろ思いつつもそのままにしておきましたが(笑)、あくる日おとと外で待ち合わせをして、
彼を見つけた瞬間に「お、、 と、、、 

やばいな、あれ。

完全に変な紫色の帽子をかぶったおじさんになってる・・・



ということで、その件を指摘して柿渋で染めちゃえば?と話してみたところ、
じゃあやってくれという事で、翌日にその帽子を染めてみることにしました。



ただ、布を染めたことなんてないからかわからない。

洗濯からあがってきた帽子はうっかり柔軟剤もついちゃってて、それも
どうなのよ?と思いつつも、その半濡れのまま染めてみちゃうことにした。

いい入れ物ないかな~と探していたところ、ちょうど良いものを発見!


土鍋。

sDSC_6211.jpg


うちは帽子が入るほどのサイズを二人用の鍋として使っています。笑

この鍋で、野菜→肉→シメ と食べますので、なかなか痩せないわけです。

この鍋、ちょうど旦那さんが蓋を落として割ってしまったので、買い替えを予定
していました。ナ~イス、使い道。



とりあえず、調べるのは漬けてからでよかろう。

いままで木に塗ってきた経験からいって、たぶん薄めて使うのがムラになりにくいとみた。
なので、原液をに3倍くらいに薄めてから鍋に帽子を投入しました。

よくわからないけど、煮出してみる。

ささっとPCへ向かって調べ始める。

煮出しは必要ないことと、薄めてよかったことを知る。

お~、ラッキー。

読み進めると煮た場合は吹きこぼれないようにする・・

ほうほう。

すぐさま走ってコンロへ行き、一番弱火に。


なんとなく、全体に行き渡った感じになったので、干すことにしました。


洗濯バサミでとめると、当然その部分の色が薄くなるのでふとんバサミを使いました。

sDSC_6216.jpg


ここに帽子をかぶせてっと


sDSC_6217.jpg

よし、OK。

このまま20分ほどおいて、今度は逆向きで20分ほど乾かしました。


ムラを避けるために、もう一度染めます。

ひっくり返しつつ、まんべんなく。

sDSC_6213.jpg


で、先ほどと同じように干しました。

柿渋があまったので、土汚れが取れなかったタオルを染めることにしました。

白いタオルはムラが目立つと思ったので、帽子の時に使っていた柿渋に
水を2杯足して薄めてから使いました。

sDSC_6218.jpg

同じく、しぼって乾かして、二度三度と染めました。

sDSC_6219.jpg


太陽にしっかりあてて、10分置きくらいに向きをかえて乾かしました。

柿渋は太陽にあてると変色して色が濃く出てくるので偏りが出ないために
くるくると回しながら乾かしたわけです。

sDSC_6222.jpg

sDSC_6221.jpg


こんなことをやっていたのは、7月初旬。


その後、おとが通勤で使っていたので、夏の日差しによっていい感じの
色合いになりました。    

sDSC_7001.jpg

タオルは柿渋で染めるとバキバキに固くなりますが、使っていくうちにだんだんと
柔らかさを取り戻していきます。

sDSC_6999.jpg



おしまい。


↓お帰りの際にポチっとしてもらえるとうれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています

情緒あふれる街 川越市内の蔵里で行われる雑貨店に出店します♪
関東埼玉県川越市雑貨手作り市ハンドメイドの雑貨市

スポンサーサイト
16:15 ハンドメイド | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。