08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
イベント出店・ネットショップ情報など
♡   ♡   ♡   ♡   ♡
オリジナルSHOP ♡手作り石鹸♥NUIIDOG♡
 現在お休み中です。
         

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ビーとぷうとひかり(レオパ)

2014/09/26
昨日はヒョウモントカゲモドキの病後経過を見せに病院へ行ってきました。

御茶ノ水にある「レプタイル クリニック」 です。

人気の病院なので、予約はだいたい4,5日は先になります。完全予約制。
私は薬を逆算して予約をとりました。

びーとぷうは、だいぶ順調に回復してきているように思いますが、先生はどう診るの
かな~と少しだけ心配していました。


でもやっぱり!

順調に回復しているとのこと。よくここまでふっくらしてきたと言ってもらえました。

いえいえ、完全に先生の処方のおかげでやんすよと心で思っていました。


で、いままでの他病院での治療法や私が調べたネット情報や、爬虫類の病気について
少しお話を聞かせてもらいました。


sDSC_7473.jpg


まず、激やせしていった時に、とりあえず太らせるとか無理やりに食べさせるとかは
ナンセンスだと思うと言われました。通常の拒食以外で、食べれない、下痢、嘔吐があるのに
無理に食べさせるのは意味があるとは思えないと。なにかしらの原因があるからそうなって
いるのに、太らせてからでないと薬を飲めないとか、そういう発想がすでに間違っていると
おっしゃられていました。
痩せきって、胃や腸がやられているのに、そこに流動食でも通常餌でも与えて
太るわけがない。人間に置き換えればわかることなんじゃないかな、と先生。
自分の子供の胃がすごく荒れていて悪い時に、痩せているからって無理にたくさん食べさせる
親はいないと思うし、腸がおかしいのに、治療は食べて太ってからにしましょうなんてことをいう
先生はいないよね?。まあ、もちろん状況や診察にもよると思うけど。。とのこと。

sDSC_7475.jpg


おかしいなと思った時は、一度自分に起きたことだと考えてみると、それはどうなのか
と気づくことがあるとおっしゃっていました。とにかく基本に帰ってみるべきだと。

「クリプト(寄生虫)も完治はしないけど、死ぬと決め付ける病気ではないし、きちんと
診察をできて、薬を適量与えれば、長生きするほどに復活できる子もたくさんいる。

この子達みたいに、ふっくらして帰ってきてくれる子もいるしね。
僕の診察が全部正しいわけじゃないけど、飼い主さんがどこまで考えてくれるか、
どこまでその子を思って病院に連れていくかにかかっている」

とお話してくれました。

うちの二匹はガリやせで行ったので、薬にはクリプトの動きを抑制するものと、栄養剤を
混ぜたものを処方されていました。栄養剤は消化の良い動物性か雑食性のものと聞きました。


sDSC_7477.jpg


私が「あともう少し、早くここへ来ていればもう一匹いた子も・・・」と言いかけてやめて、

「いや、その子の分もこの2匹に長生きしてもらおうと思います!」と笑顔で言うと、
先生もうんうんとうなずきながら、「そう、そういうふうに考えてください」と言いました。

やはり、爬虫類を診られる病院も少ないから先生同士の情報も少ないとのことでした。

獣医さんでさえ、クリプトにかかったら死ぬと思っている先生もいるくらいだからね・・と。



これだけ進んだ人間の医療でさえどうにもならないことや、医療ミスや医療事故がおこる。
爬虫類はもっともっと下の層にいると思えば、病気が知れ渡っていないことや医療ができない
ことなど、当たり前のことだよな~と、わかってはいたけど、再びそれを痛感しました。


うちの子はせっかく先生に出会えて、救われて生き延びることができたので、この命は
ずっと大切にしていかないと!と思いました。

sDSC_7485.jpg



そして、クリプトにかかった子の今後の生活としては、このまま太って完治ではないけど、
免疫がついてその後に元気に生活していける子も多いらしい。
でも、例えば水槽のレイアウト変更や引越しなどで体に負担がかかり、再び免疫が落ちた時に
同じ症状が出ちゃうこもいるとのこと。
でもそんな時は、また少しづつ薬を使いながら菌が暴れるのを抑えて、体調を整えて
健康に戻していくということで乗り切るとのことでした。

sDSC_7481.jpg


これからも上手に付き合ってがんばって育ててくださいねと教えてくれました。


今回は、びーとぷうーの最後の10日分のお薬と、下痢気味のビー達の子供「ひかり」にも
念のため同じ種類の薬をもらって、投薬をすることになりました。

sDSC_7486.jpg


この二ヶ月半ほど、本当に悲しく辛い思いを何度もしてきましたが、

いまはそんなわけで、ひとまず安心できそうです


sDSC_7479.jpg



にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
↑応援クリック励みになります。1クリックもらえるとうれしいです♪


ただね・・・
昨晩、最後に思ったことは、クリプトのきっかけはあぷになるわけなのですが、
そうなると、あぷを購入したあのお店は大丈夫か?ということになる。
お店で生体は個別に飼育してあるので、あまり感染はないと思うけど、取引を
しているブリーダーの一人はクリプトキャリアの個体を売買したことになるんじゃ
ないか・・・・
大事な子だし、いまさらクレームなんてないけども、他のお客さんや、そのお店のことを
思えば、いつか言ってみた方が良いかなと思うので、今度行った時にでも話てみようと
思っています。

スポンサーサイト
12:14 ヒョウモントカゲモドキ | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。