10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
イベント出店・ネットショップ情報など
♡   ♡   ♡   ♡   ♡
オリジナルSHOP ♡手作り石鹸♥NUIIDOG♡
 現在お休み中です。
         

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

多肉植物の綴化は好きか2

2015/01/30
昨日の続きを書こうと思います。



と、その前に


虹の玉。  
sDSC_0031.jpg

カット苗の虹の玉が真っ赤で綺麗です。

寒いですが、多肉植物の紅葉は外で育てているやつの方が綺麗に思います。
やはり、太陽の力なんじゃないかと。。。



さて、本日も多肉植物の綴化ネタでございます。

まずは流通の多い高砂の翁の綴化。

mDSC_0050.jpg

買ったきり、植え替えておらず、ちょっと寂しそう。。。

植え替え時期の春まで待っててね。



つづいて、棚の奥で休眠中のビッグサイズ。高砂の翁 綴化。

mDSC_0057.jpg


扇子のようになってきました。

5号鉢です。

mDSC_0061.jpg


mDSC_0063.jpg




高砂の手前にあるセダム春萌の親株を切って挿し木にしたのですが、
その切り口から出てきた新芽の一箇所がなんともアヤシイ(綴化になりそう)

mDSC_0058.jpg

このまま普通になるパターンだと思うけど、間違って綴化になってくれたら嬉しいなと、
期待しているものです。




昨日も紹介しましたが、ここにもありました。

サンバーストの綴化。背が高くてスマート。かっこいいです。

mDSC_0048.jpg



お次は。。。

秋の霜(エケベリア)。

mDSC_0053.jpg

アヤシイとふんで、もう少し小さい時に買いました。

やはり、アヤシイです。笑

mDSC_0054.jpg

きたな。これはきっと綴化。



あ!!


近くでりトープス達が脱皮している。

この寒い中、お疲れ様です。

mDSC_0052.jpg
相変わらず育て方のコツがわからなくて触れず、ほぼ放置。
ですが、放置気味にして以来、枯れることなく育っています。



つづいて、玄関で寄せ植えになっているセクンダの綴化。

mDSC_0087.jpg

え?ドコ?

ってくらいカシミアバイオレットのインパクトが強い。

日当たりが悪いので色が悪いですが、とにかく大きくなっていくカシミアバイオレット。


の、根元にいるセクンダ。

mDSC_0090.jpg

切り分けてばかりいたので、いつのまにか普通になってきています。

でも、脇芽などは綴化になっているので、今年の株分けは控えようと思います。

mDSC_0092.jpg

この株は、綴化を大きくすることを目標にしよう。



↑ここから分けた株が近くの鉢にいます。


それもなぜか、アカシアの根元に。。。

mDSC_0097.jpg




なぜ、ここに植えたかは覚えていませんが、雨ざらしでも関係なく元気。



mDSC_0096.jpg


謎なのは、セクンダの種類です。
ネットを徘徊していると、セクンダ=七福神となっていることがあるのです。

でも、セクンダと七福神はぜんぜん似ていません。

なぜ、一緒なのか?本当なのか、謎です。
いつか誰か専門的なことを知っている人に尋ねてみたいものです。


そうそう!!

「たずねたい」と言えば、最近スッキリしたことがありました。

こちらです。



箱の左端の久米舞。
mDSC_0078.jpg



と、スペクタビリス。

mDSC_0083.jpg



並べてみるとこんな感じ。

mDSC_0080.jpg

どちらも綴化ではありますが、明らかに別物だとわかります。


なーーーのーーーーにーーーーーー


久米舞を調べると、久米舞=スペクタビリスってなっていることが多いんです。
実際に、おそらく学名がスペクタビリスだと思うんですよね、

じゃあなんでさーーー。こっちのスペクタビリスはなんですの~?

mDSC_0086.jpg

調べても調べても連日調べまくっても結果がわからず、たまたま購入したものが
どちらも同じ生産者さんのものだったので、直接問い合わせてみました。
見る人が見ると、どこのことか、すぐに名札でわかっちゃいますね。笑

ダメもとでメールをしてみました。

こんなことに答えてくれるとは思っていなかったので。

でも、なんと!二日くらいしたら返事が来ていました。

お~~~。良心的~。

mDSC_0082.jpg


お話によると、もともとスペクタビリスのハイブリット(交配種)ということで、
写真右のものが輸入されてきたらしいのです。
mDSC_0080.jpg


当時は、ハイブリットという記載をすることがあまり行われていなかったので、
そのままスペクタビリスという名前で綴化したものが流通しました。
その後、ブライアンローズという名前で綴化でないものが入ってきたのですが、
綴化の方は名前を変えずにそのまま流通してきてしまったそうです。

なので、スペクタビリスと書いてある方は、正しくはブライアンローズだそうです。


ふ~~めっちゃスッキリしました。

かといって、ブライアンローズが久米舞と何の交配種かはわからないままです。

でも、上の写真のスペクタビリスが久米舞ではないということが確かになったので、

とても納得できました。

ありがとう~。生産者様~。



という、自己満足だらけの綴化ネタでした。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

お疲れ様でした。



お帰りの際にぽちっとしていただけると。。。
とてもうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村ランキングに参加中!

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
00:10 多肉植物 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。